<< 五輪スピード 長島選手に報奨金... <大麻所持>ミュージシャン・竹... >>

捕鯨妨害で船籍国に対応要求=外務省(時事通信)

 外務省は12日、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」が南極海で日本の調査捕鯨船に薬品を投げ込むなどして乗組員が軽傷を負ったことを受け、同団体の船舶の船籍国であるオランダ、トーゴ両国に対し、厳重な取り締まりと再発防止の徹底を外交ルートで要求した。
 同省によると、投げ込まれたのは皮膚を刺激する化学物質「酪酸」で、乗組員は顔に軽いやけどをしたという。岡田克也外相は同日の記者会見で「放置できない。こういう状況が続くことは遺憾だ」と強く非難。船籍国以外の同団体の関係国にも幅広く対策を促していく考えを示した。 

「グリーンピース」2被告、無罪主張…鯨肉裁判(読売新聞)
健康診断、より正確に!血液検査の関連遺伝子46個を発見 (産経新聞)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
逮捕の容疑者、弟の名かたる…釈放し逮捕し直す(読売新聞)
[PR]
by fhnaeg0vsa | 2010-02-16 14:22
<< 五輪スピード 長島選手に報奨金... <大麻所持>ミュージシャン・竹... >>