後発品薬価収載、新規参入はキサ... >>

口蹄疫 宮崎深刻、感染さらに拡大 西都や木城でも(毎日新聞)

 農林水産省と宮崎県は10日、都城市高崎町の農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)特有の症状を示していた肥育牛が遺伝子検査の結果、陽性と判明したと発表した。日本最大級の畜産地帯である都城市で感染疑い例が確認されたのは初めて。県と市は10日、この農家が飼育する208頭すべてを殺処分し、埋却した。口蹄疫特有の症状を示す家畜は10日、宮崎▽日向▽西都の3市と木城、川南両町でも見つかり、宮崎での感染拡大は歯止めがかからない状況だ。

【写真特集】現地の様子を写真で 口蹄疫、感染拡大が深刻化

 県と都城市は10日夕、この農家を中心に家畜を動かせない移動制限区域(半径10キロ)、運び出せない搬出制限区域(同10〜20キロ)を設定した。市によると、半径10キロ内の牛・豚は約17万頭で市全体の37%、同20キロ内だと約33万頭で70%に達する。既にJA組織を通じて周辺農家に移動の自粛を求め、移動制限区域内にある食肉処理場も稼働を停止した。

 県によると、発生農家で診察した獣医師から9日、よだれを垂らしている牛がいると県に届け出があり、県が立ち入り検査。3頭に舌のただれなど口蹄疫特有の症状がみられた。農水省も写真で確認し、同じ部屋で飼育されている9頭の殺処分を決定。この農場で飼われていた残る199頭についても、都城市が日本最大級の畜産エリアであることなどから、検査結果を待たずに全頭を殺処分した。

 県は当初、この農家の飼育頭数を250頭としていたが、その後208頭と分かった。

 一方、3市のうち宮崎市と日向市で口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかったのは初めて。宮崎市のケースは、1325頭の豚を飼育する同市跡江の養豚農家で、3頭の豚の鼻などに水疱(すいほう)があるのが見つかった。市は1325頭を殺処分する。

 日向市では、349頭の肉用牛を飼育する肥育農家で、3頭の牛に口中のただれなどが見つかった。市は感染疑いの可能性が高いと判断し、10日午後から全頭殺処分を始めた。

 また、西都市での疑似患畜の発生は6月1日以来。550頭の牛がいる同市三財地区の農場で、舌にただれがある牛3頭が見つかった。西都市には、宮崎県の畜産業を支えてきた「スーパー種牛」5頭が避難中で感染拡大が懸念されるが、この農場と避難先は20キロ以上離れており、市は現時点で感染の可能性は低いとみている。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:「自衛しかない」 最大の畜産地・都城、悲嘆
口蹄疫:宮崎・日向の牛にも症状
口蹄疫:宮崎・都城の肥育牛「陽性」 208頭殺処分
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市

与党、16日閉会を提示 予算委員会、党首討論ともに行わず(産経新聞)
無差別殺傷2年 「安全な秋葉原を」(産経新聞)
成田空港敷地内でひき逃げ…会社員男性が死亡(読売新聞)
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
JR北新地駅トイレ、不審火4件目 大阪・梅田(産経新聞)
[PR]
by fhnaeg0vsa | 2010-06-15 21:28
後発品薬価収載、新規参入はキサ... >>