<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「かわいいが好き」アラサー急増 お手本は「ひなの」と「梨花」(J-CASTニュース)

 いくつになってもフリルやリボン、花柄といった「かわいい」ものが好きな女性は多い。最近はフリフリのミニスカートを履くアラサーもいる。

 一昔だったら「若作り」と冷やかされたものだが、女性誌などで「大人かわいい」ファッションとしてもてはやされ、市民権を得たようだ。

■「何歳になっても女の子でいよう」

 女性誌『スウィート』(宝島社)は「何歳になっても女の子でいよう」「自分の好きな格好をして生きていこう」というメッセージを発信している。アラサーの共感を呼び、発行部数はうなぎ登りで、2010年2月号は100万部を超えた。『スウィート』が提案しているのは「大人かわいい」というファッションで、ミニスカートやフリルのついた洋服がたくさん載っている。モデルの吉川ひなのさん(30)、梨花さん(36)、歌手の浜崎あゆみさん(31)といった読者と同世代のタレントを表紙に起用していることも人気の理由だ。

 リボンやレース、フリルを使った女の子らしいファッションを提案し、10〜20歳代の女性の支持を集めているアパレル、ミルク(東京都渋谷区)。最近は女性誌『スウィート』とコラボレーションしたTシャツを販売するなど、大人かわいいファッションとしても注目を集め、30歳代の女性も訪れている。

 広報担当者は、

  「30歳代の女性はリボンやフリルなどの甘い要素が盛り込まれた洋服を上手にアレンジして着ていて、逆に勉強になります」

と言っている。

 ボリューム(ふくらみ)が控えめで、シルエットが大人っぽいワンピースを選んだり、ベビードール(バスト下で切り返した、ふくらみのあるドレス)にジャケットやボレロ(丈の短い上着)、ヒールの高いサンダルなどを合わせて大人っぽい要素を取り入れたりしている。鞄やアクセサリーなどの小物だけをコーディネートのポイントとして使っている人もいるそうだ。

  「かわいいものに対して女性の年齢はボーダレスだと思います。取り入れ方によって、幅広くいろいろ楽しんで頂けると思います」

と広報担当者は話している。

■レースやリボン付いた大人かわいい服

 レディースファッションの通信販売会社イマージュは、タレントの辺見えみりさん(33)とコラボレーションした「大人かわいい」ワンピース2型を販売している。なめらかな肌触りのサテン素材を使って大人っぽく仕上げながらも、たっぷりのギャザーとレースを施した。デザインが「甘め」な分、色はライトベージュとブラックで抑えている。

 広報担当者は、

  「イマージュ全体でレースやリボンが付いた大人かわいい服の取り扱いが増えています。30歳代は肌の露出が控えめな膝丈を好む傾向がありますが、最近、レギンス(スパッツ)をミニスカートやワンピースに合わせて履くファッションが流行して抵抗がなくなり、ミニを履くアラサーは増えていると思います」

と話している。

 「大人かわいい」がはやっている背景については、

  「いくつになっても女性はピンクとかリボンとか、かわいいものが好きです。また、近年は女性らしいファッションがトレンドで、『大人かわいい』と大筋は変わっていませんから、受け入れられやすかったという見方もできます」

と言っている。


■関連記事
出版不況どこ吹く風 宝島「スウィート」100万部超 : 2010/01/09
「ゾゾタウン」成功の秘訣 「値下げしない」「選んで売る」/インタビュー「消費崩壊 若者はなぜモノを買わないのか」第4回/柳澤孝旨氏に聞く : 2010/04/26
日本のヴィジュアル系バンド 「カワイイ」と海外で大人気 : 2008/06/15
20代ファッションに身をつつむ40代女性 そのコツ : 2008/06/05
衝撃、700キロ上空から捉えた世界遺産 コロラド川は「背骨」だった? : 2010/05/21

ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
<裁判員制度>施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」(毎日新聞)
薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)
国交省職員を駅員暴行の疑いで逮捕(産経新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
[PR]
by fhnaeg0vsa | 2010-05-28 00:00

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)

 資金難などで2006年から中止されていた奈良市東向商店街の「ギャルみこし」が、平城遷都1300年を記念して、5年ぶりに復活する。

 15、16両日は同商店街でオーディションがあり、定員の20人を大幅に上回る女性約90人が特技などを披露、参加をアピールした。29日午後、赤い法被姿の女性たちが同商店街などを練り歩く。

 ギャルみこしは1980年頃、同商店街のアーケードが新調されたことを祝って始まった。毎年、商店街にある「東向弁財天」の祭りがある七夕頃に、女性たちが約200キロあるみこしを威勢よく担ぐ恒例イベントだったが、景気の低迷で資金集めが難航、支援する商店街の人手不足などで中止されていた。

 客らから「今年はないのか」と問い合わせが多く、今年、市内の商店街などで開催される「まちなか1300年祭」(市中心市街地活性化研究会主催)として復活した。

 会場では、商店街関係者2人が審査員を務め、面接に臨んだ女性たちが両端に計3キロの砂袋を結びつけた竹の棒を担いで力試しをした。その後、志望動機やみこしへの思い、特技などを述べ、アピールした。オーディションに挑んだ京都府宇治市の会社員間瀬佳苗さん(23)は「祭りが大好きで、募集を知りすぐに応募を決めた。盛り上がりたい」と意気込んでいた。

 オーディションを受けた中には、中止前に参加していた学生や、幼い頃からあこがれていたという女性もおり、審査員の豊田拓也さん(39)は「人とのつながりができていくのもみこしの魅力の一つ。本番では見る人だけでなく、担ぎ手が感動の涙を流せるぐらいにしたい」と話す。

 ギャルみこしは午後1時に東向商店街事務所前をスタートし、同商店街を練り歩き、同3時からは花芝商店街や下御門商店街などで担ぐ。問い合わせは東向商店街事務所(0742・24・4986)。

袋詰め女性に保険金=淀川堤防遺体−大阪府警(時事通信)
【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)
デフレ脱却に物価目標=法人税は20%台、消費税上げ明記―自民公約(時事通信)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
長岡京市の夫婦刺殺事件 長女の夫を逮捕(産経新聞)
[PR]
by fhnaeg0vsa | 2010-05-19 09:41